FC2ブログ

もしもし、大丈夫ですか?

もし、身近に倒れている人がいらっしゃたら…
どうされますか??


AED

実は、私、昨日AEDの講習会に参加してきました。
これで3回目の参加になりますが、1年に1回の講習ですので
やはり最初はドキドキします。

忘れないためにも、自分自身のためにも
講習を思い出しながら書いてみました。

AEDとは、突然心臓が正常に拍動できなくなった心停止状態の心臓に対して、
電気ショックを行い、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。

心臓が血液を送らなくなると、3~4分以上で脳の回復が困難になると言われています。
救急車の到着を待っているだけではなく、傷病者の近くにいる私たち一般市民が一刻
も早くAEDを使用して電気ショックをできるだけ早く行うことが重要になります。


手順は
すぐに耳元で意識の確認をします
「大丈夫ですか?」と大声で呼びかけても意識がなければ応援を呼び、
119番とAEDの手配をお願いします。

胸と腹部の動きを素早く(10秒以内で)見ます。
いつもどおりの呼吸でなければ“呼吸無し”と判断します。
呼吸があれば、横に寝かせ、救急隊を待ちます。

直に胸骨圧迫を行います。
人工呼吸ができる場合は、胸骨圧迫30回、
人工呼吸2回のサイクルの繰り返しを行う。
(人口呼吸ができない時は、胸骨圧迫だけでもいい)
ひじを伸ばし、垂直に体重をかけ、少なくとも深さ5cm以上胸が
沈みこむように、1分間に少なくとも100回のテンポで強く速く胸を押します。
(目安は胸の真ん中)
AEDが到着するまで、押し続けます。

AEDが到着
音声ガイドに従います。
パッドを貼る指示がでます。慌てずに一枚は右の鎖骨の下
もう一枚は左の脇腹、斜め下です。
心臓を挟むように対角線に貼ります。

AED本体


心電図解析と電気ショックを行う場合は、傷病者から
離れてくださいと声をかけます。

救急隊が到着するまでAEDのパッドはそのままにしておきます。

大勢の方が知っていれば、事にあたったときに
誰かが声を出し、知恵を出し合い、一人の命を助けることが
できる… 
1分1秒を争う命、AEDが普及すれば、多くの命が救えるという
大切さを学んできました。(K)

パソコンレッスン、パソコンサポート
PC・周辺機器など…
ハイブリッドシステム株式会社
コンピュータガーデン スカイハイ
長岡市永田2丁目4-15 ℡0258-24-6820

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント